iOS (iPhone / iPad) の BCC メールの文字化け

知人の iPad(iOS 15.3.1)で送信メールが見れなくなるという症状が発生した。次のようなエラーメッセージが表示される

フォーマットの方法に問題があるため、このメッセージは表示できません。別のフォーマットまたはメールプログラムを使ってメッセージを再送信するように送信者に依頼してください。

text/plain

ネットで日本語検索しても、「機種依存文字ガー」などといった、素人騙しのアフィリエイター系の受け売り情報ばかりで何の役にも立たない。

試行錯誤して問題を絞り込んでみたところ、どうも、BCC で自分宛てにメールの控えが送信されるようにしている場合に、さらにメールの題名に日本語が入っているとこの症状が発生する。

日本語の情報は全く役立たずなので、改めて英語で検索したところ、Apple の公式フォーラムの情報(Q: “This message cannot be displayed”)に行き当たった。

ここでは、

  1. 問題のメールを一旦、削除する
  2. 削除したそのメールをゴミ箱から Inbox に戻す

という「とりあえず」の対処方法がコンセンサスを得ていた。この確かに有効であった。

しかし、僕がこのスレッドの膨大なメッセージの中で最初に着目したのは、Hornet49 氏の回答である。

それは「メールアプリを再起動する」というもの。なぜか彼の回答はスレッドの中で注目を浴びていなかったが、結局、僕が最初にピンと来た彼の回答だけが、完全な解決方法だった。僕は、iOS は普段は使っていないので、知らなかったのだが、iOS デバイス自体の再起動や、アプリ履歴の消去では、アプリのちゃんとした再起動はされず、キャッシュがクリアされない。今回、初めて知ったが、アプリそのものを適切に再起動するには:

  1. 電源ボタンの長押し(デバイスのシャットダウンの場合と同じ)
  2. 電源スライダーが表示されたら、デバイスをシャットダウンせずに、ホームボタンを長押し
  3. アプリが再起動される(実際にはシステムへの再ログイン?)

これで完治した。ただし、過去にこの症状になってしまった送信メールまでは復活しない。今後新しく作成する送信メールは問題が解消される。

Hornet49 氏の考察によれば、メールアプリの動作中に iOS のアップデートが行われてしまうなどをキッカケにキャッシュファイルの不整合が起こるようである。

コメント

このブログの人気の投稿

Mac → Mac のメールアカウントの移行

LiveData と MutableLiveData の使い分け

WireGuard の OpenWrt での運用