Java を Kotlin へ

Kotlin については Google の公式ドキュメントが多数あるが、Kotlin への変換という Codelabs の片隅にあった文章が、最初に知りたかったことだけが物凄く完結にまとまっていた。最初にこの文章にアクセスできていればと思ったほど。もちろん、Java ベースの Android プログラミングのベースがある人限定の話になるが。

JavaKotlin
final オブジェクトval オブジェクト
equals()==
=====
データのみを保持するクラスdata クラス
コンストラクタでの初期化init ブロックでの初期化
static フィールドおよび関数companion object で宣言されているフィールドと関数
シングルトン クラスobject

例えば、当初、companion object を見て、「何で Java の static オブジェクトと同じものを、わざわざ名前を変えて companion object とかいう名称にしているんだ?」と思ったが、実は良く考えられているようだ。Java の static オブジェクトの場合はオブジェクト毎の modifier として宣言するのに対して、Kotlin の companion object はクラス内のブロックとして宣言されている。これは可読性の点で優れている。

Kotlin は Java をベースにしながらも、(上の表からは割愛されているが)埋め込みテキストなど、可能な限り、可読性のために Python などのスクリプト系言語の簡潔な表現を取り入れようとしている感じかもしれない。

コメント

このブログの人気の投稿

EP-805A 廃インク吸収パッド交換

WireGuard の OpenWrt での運用

e-Tax: このアプリは作成コーナーの画面内でご利用いただくものです。直接クリックして起動することはできません