ACR1251DI-NTTCom と macOS Big Sur

そろそろ確定申告の時期を迎えて、e-Tax に関して、M1 Mac の IC カードリーダーの対応が鬼門だと国税庁が注意を喚起した件について、あちこちで記事になっている。

自分は M1 Mac ではないのだが、そもそも Big Sur にアップデートしてしまったので、その影響もあるのかどうか、既にアップデートしてしまってから気になってきた。

Mac で e-Tax を安心してできるようにと、わざわざ NTT コミュニケーションズのフラッグシップモデルである ACR1251DI-NTTCom を入手したくらいなので、それが迂闊な OS アップデートで差し障りが生じてしまうというのはちょっと残念過ぎる。JPKI(公的個人認証サービス)によると Big Sur はサポート対象外である。不安が煽られる。

早速、ACR1251DI-NTTCom を MacBook に接続し、JPKI の利用者クライアントソフトを立ち上げてみた。

問題なく立ち上がる。動作チェックをしてみる。

動作チェックも無事終了する。念のため、マイナンバーカードの電子証明書を読み取らせてみたが、正常に機能した。

M1 Mac はともかく、どうやら Big Sur については(ACR1251DI-NTTCom に関する限り)問題ないようだ。

コメント

このブログの人気の投稿

EP-805A 廃インク吸収パッド交換

m3u8 ファイルをダウンロードして ffmpeg で MP4 に変換・結合

e-Tax: このアプリは作成コーナーの画面内でご利用いただくものです。直接クリックして起動することはできません