投稿

1月, 2021の投稿を表示しています

宮崎正弘『明智光秀 五百年の孤独』

イメージ
YouTube でたまたまこちらの動画 を見かけたのがきっかけで興味を持って読んだ、宮崎正弘『 明智光秀 五百年の孤独 』(徳間書店、2019)。 動画の印象では「織田信長によって日本がキリスト教化の危機にあり、それを憂えた明智光秀による義挙が本能寺の変の真相である」ということで、「明智光秀と反キリスト教化」「織田信長とキリスト教」を結び付ける説に新鮮味を感じたので、どういうことなのかと思ったわけである。 織田信長とキリスト教の関係 まず、「織田信長とキリスト教」の関係について。これは特に期待したようなものではなかった。織田信長がキリスト教に寛容だったことや、一方で一向宗や比叡山と対立していたことはなどは従来から知られている話である。信長は宗教に興味があったわけではなく、鉄砲等の実益からキリスト教の宣教師たちに寛容だっただけ。基本的にイデオロギーには無頓着な信長だっただけで、キリシタン大名のように、特に日本をキリスト教化しようと意欲していたわけでもない。動画の印象では、実は信長もキリシタン大名だったという隠れた事実を説いているのかと思ったが、実際はそうでもなく、著者の宮崎の説に何ら目新しいものはない。 織田信長とキリスト教の関係 一方、著者の宮崎は、明智光秀の本を書いても、結局は著者自身は(保守右翼系の)イデオロギーの人である。明智光秀を国粋主義的イデオロギーの人として捉え、評価するというのがこの本の主旨と言っても過言ではないだろう。実際の明智光秀の歴史的考証が主旨というより、ともかく、明智光秀を通して国粋主義的イデオロギーを説くのが、この本の主旨のような印象を受けた。 つまり、信長は天皇を頂点とする日本の精神文化というイデオロギーに無頓着で、結局は、織田家の権力を伸張すればいいという感覚だった。しかしその一方で、キリスト教が日本人の精神に浸潤し、一方で万世一系の皇室がないがしろにされることに対しても、信長はこれといった禁忌感は抱く性質の人間ではなかったし、そのような危険人物であると、明智光秀や細川藤孝、公家・皇室は思った。であるから、暗殺・クーデター等の手段に訴えてでも、未然に阻止せねばならない。つまり、明智光秀の本能寺の変は、大塩平八郎や西郷隆盛に類せられる義挙であると。 つっこみどころ 宮崎は、義挙の人として、大塩平八郎

MVVM と Fat View(その 2)

10 ヶ月前の記事「 LVMC (a.k.a. MVVM: ViewModel + DataBinding) と Fat View 」でも、Activity からコードを追い出すのに夢中になっているうちにいつの間にやら Fat View になってしまった話をしたが、最近また同じ症状に陥ってしまった。 今回の場合は、「Activity からコードを追い出す」という状況ではなかったせいもあって、当初気付かなかったのだ。 ImageView に Glide を使ってネットワークから画像を読み込む機能を追加した自前のライブラリーモジュールを作っていて、ViewModel から DataBinding を通じて url 文字列さえ与えれば、ImageView が url から読み込んで表示する。そんな風な設計にしていたのだが、「ライブラリーだし、色々なプロジェクトで使い回す場合に、少しでもコードを省けるように」と、Glide を利用したネットワークからの読み込み処理の部分を、ImageView を継承したカスタム ImageView に追加で盛り込んだ。 しかし、正解としては、ViewModel から DataBinding を通じて与えるのは、url ではなく、Bitmap の方が良い。というのも、そうすれば、ImageView は、それがネットワーク上の画像なのか、ローカルにあるリソースなのか、を意識せず、ただ、layout.xml の app:bitmap="@{viewModel.bitmap}" を見て反応すればいいだけである。url 文字列ならダウンロードする、ローカルなら setImageResource() する、などと処理を分岐させる必要がないのである。 当初 url で実装した時には、わざわざ loadImageUrl() なる専用のメソッド・プロパティを用意して動作するように実装したが、後でローカルの画像を使おうとした場合に setImageResource() と使い分けなけばならないことに気付いて、url 文字列ではなく Bitmap をデータバインドして ViewModel と連絡すべきだと気付いたのである。 もちろん、そうなると、ViewModel 側で Glide を使ってネットワークから画像をダウンロードする部分

Android Studio Wi-Fi デバッグ

イメージ
巷では既に出回っている情報かと思ったが、基本的に「ADB コマンドを使ってムニャムニャする」ものばかりだったので、そうではなくて「コマンド不要の Android Studio 上の操作一発で可能」な方法があるので、紹介する。 ADB Wi-Fi プラグインを使う Preferences の Plugins から ADB Wi-Fi プラグイン をインストールすると、右側のタブに ADB Wi-Fi が追加されるので、この中から、USB で有線接続したデバイスを選んで、Connect するだけ。一旦繋がれば、USB ケーブルを外してよい。 ※もちろん、PC と端末は同じ Wi-Fi ネットワークに接続している必要がある。

Android API Threshold

item min Android note Dark Theme 29 10 Adaptive Icons 26 8.0 Java 8: OffsetDateTime 26 8.0 ✅ desugar Java 8: Instant 26 8.0 ✅ desugar Java 8: forEach 24 7.0 ❌ desugar AnimatedStateListDrawable 21 5.0 AnimatedVectorDrawable 21 5.0

ACR1251DI-NTTCom と macOS Big Sur

イメージ
そろそろ確定申告の時期を迎えて、e-Tax に関して、 M1 Mac の IC カードリーダーの対応が鬼門だ と国税庁が注意を喚起した件について、あちこちで記事になっている。 自分は M1 Mac ではないのだが、そもそも Big Sur にアップデートしてしまったので、その影響もあるのかどうか、既にアップデートしてしまってから気になってきた。 Mac で e-Tax を安心してできるようにと、わざわざ NTT コミュニケーションズのフラッグシップモデルである ACR1251DI-NTTCom を入手したくらいなので、それが迂闊な OS アップデートで差し障りが生じてしまうというのはちょっと残念過ぎる。JPKI(公的個人認証サービス)によると Big Sur はサポート対象外 である。不安が煽られる。 早速、ACR1251DI-NTTCom を MacBook に接続し、JPKI の利用者クライアントソフトを立ち上げてみた。 問題なく立ち上がる。動作チェックをしてみる。 動作チェックも無事終了する。念のため、マイナンバーカードの電子証明書を読み取らせてみたが、正常に機能した。 M1 Mac はともかく、どうやら Big Sur については(ACR1251DI-NTTCom に関する限り)問題ないようだ。