QNAP NAS の RAID 1 ミラーディスクの追加エラー

QNAP の NAS(2 ドライブ)を RAID 1(ミラーリング)で運用している。HDD は WD Red 6TB × 2。この NAS が夏の停電時に、古い方のドライブ 1 の HDD でエラーが発生し、ドライブ 2 のみの片肺運転となっていた。

QNAP の GUI 上で操作しても状況が変化しないので、一旦、ドライブ 1 を取り外し、外付け HDD ケースに入れ、Windows PC に接続し、パーティションを全て削除して、単一パーティションを作り、NTFS で完全フォーマットをし直した(完全フォーマットなので丸一日を要した)。Windows 上で S.M.A.R.T. 情報を見る限り、問題は発生していないようである。

QNAP に HDD を戻したが、個別情報でドライブ 1 はステータス「準備完了」、S.M.A.R.T. 情報「良好」となっているものの、論理ボリューム(RAID 1 のミラーリングディスク)としては追加されずに、エラー(Add drive 1 to the volume failed)となった。

HDD を再度 Windows PC に戻して、Windows 上でパーティションを削除してパーティションが存在しない状態にしてから、QNAP に HDD を戻した。すると今回は、ミラーリングに追加され、フォーマット処理が無事開始した。

QNAP でミラーリング(フォーマット処理含む)が終了後、S.M.A.R.T. の完全テストも行ったが、何のエラーも検出されなかった。元のエラーは何だったのだろうと思うが、多分、QNAP の OS が馬鹿だっただけだろう。

以上、QNAP に HDD を追加する・し直す場合には、追加する HDD はパーティションを削除した状態で追加しなければならないという話.

余談 1:WD Red

WD Red シリーズは元々は CMR 方式だったのだが、後に RAID に不向きな SMR に変更されてしまった(参考)。単に Red だからと安易に信用せず、CMR 方式の型番であることを確認して購入した方がよい。WD 公式ブログのリストによると、2TB 〜 6TB の EFAX が SMR なので、買ってはいけない型番。一方、8TB 〜 14TB の EFAX や旧型番の EFRX は CMR なので買って ok。

余談 2:外付け HDD ケース

外付けの HDD ケースとしては、玄人志向のものを使った。こういうのが一つあると、今後も、HDD に不調が生じた場合に、検査したりするのに便利である。

余談 3:Windows における HDD の S.M.A.R.T. 情報のチェック

CrystalDiskInfo を使った。

コメント

このブログの人気の投稿

EP-805A 廃インク吸収パッド交換

e-Tax: このアプリは作成コーナーの画面内でご利用いただくものです。直接クリックして起動することはできません

m3u8 ファイルをダウンロードして ffmpeg で MP4 に変換・結合