OpenWrt での uHTTPd 設定

USB フラッシュドライブを前提として、uHTTPd がそのマウントされた外部領域を使うように設定することにする。

やったことは以下で、SSH で設定ファイルを直接編集して行なった。

(参考 👉 uHTTPd Web Server Configuration

  1. uHTTPd 用に /etc/config/uhttpd の option home を linux home パーティションのマウントポイント(/mnt/data)下に指定する。
  2. /www/luci-static, /www/cgi-bin/luci のコピーを /mnt/data 下の対応する場所に置く

あとは、index.html を自前のものに変更するなりして、動作を確認した。デフォルトの index.html は、LuCI の管理画面である、/cgi-bin/luci にリダイレクトされるようになっているので、この index.html を別のものに変更してしまったとしても、直接 /cgi-bin/luci にアクセスすればちゃんと管理画面に入ることができるので、何も問題はない。

CGI

ちなみに、/etc/config/uhttpd を見ると、PHP や Perl は cgi-bin 以外の場所でも実行可能なように設定できるようだが、Python ではできないようだった(設定してみても、無効のようだった)。


その他

試しに uHTTPd の代わりに Apache を入れようとしたが、正常に動かすことができなかった。

現在(OpenWrt 19.07)では、NGINX の環境が整っており、自分の場合は uHTTPd はアンインストールして使わず、LuCI も含めて SSL 対応版の NGINX で使っている(👉 OpenWrt で NGINX と PHP 7(FPM)環境を整える)。

コメント

このブログの人気の投稿

EP-805A 廃インク吸収パッド交換

m3u8 ファイルをダウンロードして ffmpeg で MP4 に変換・結合

WZR-HP-AG300H with OpenWrt