投稿

4月, 2018の投稿を表示しています

俺の愛する嫁がした仕返し

結婚したのは俺が31 嫁が25の頃うちには姉が二人いるだが 当時35と34 内弁慶でおひとり様で私たちは結婚なんてしないのよブヒーと言っていた80kg代の巨女
んで俺の母も詰る所クソババァだったわけだ。専門用語だとクソトメ・コトメだったわけだ。俺のいないところで女三人で嫁を淫売だの 身体で垂らすなんぞほざいてたわけだ。
気づいた時には俺激怒よ。クソババァどもが!!!!って感じだ。おっぱい聖人な俺が胸は無くとも可愛く快活で極上に飯の上手い愛する人を傷つけたんだ。
知る限り男が居た事もない陰険なクソバババァ姉共に怒りMAXだったんで喧嘩買って絶縁したらぁー!!って思ってたんだ。んで気づいたときに
嫁は悲しい顔してるわけよ。こんな顔を嫁にさせやがって!!」っと思って実家に行こうとしたら嫁に尻を蹴られた。
待ってくれ!!嫁!!気づかなかったのは俺が悪かったが何故に止めるのよ!?と思いええ~っ?って顔で振り返ると暴走するなと怒られた。
んで姉二人のことを色々聞かれた、それはもう根掘り葉掘り。なんだ?やり返すのか?DQN返しか?と思っていると嫁は意外なことを口走った
『もったいない』
????????ホワイ????
まったく意味が分からなかった。何がもったいないんだい嫁?と聞言いてみた
嫁曰く
「アンタの姉二人は痩せればかなりの美人、それも義母と義父のいいとこどり」
「妬みや嫉みを口にするが引っ込み思案で実害はない」
「整えれば行き遅れになる意味が分からないレベルの美女である」
「むしろこのまま行き遅れになられて内に害が及ぶ方が迷惑だ」
「義母が甘やかしてるせいではあるが母離れすればいいだけのはなし」
「協力しろ。悪いと思うのなら三カ月間の我慢と餌の金をだせ。餌は必ず帰ってくるから」
「わかったか?出し殻野郎」
とのこと。だだだだだ出し殻ちゃうわ!!と突っ込みながらもお前は義父義母の残念な部分を受け継いでいるが私が惚れている部分はそこではないので今は置いとけと
言われ了解した。
んで嫁はまず長女を落とした。アンタらは痩せれば美人だ、勿体ない、女を捨てるな、三か月でいい、私の指導に従え、
変わらなければ100万くれてやる(資金提供俺)
それから三か月上手い飯は変わらなかったがあっさりとしたダイエットフード(但し俺の弁当は豪華)
食い物系の嗜好品は一切なし、家に置く食料も最低限(…

Karma Chameleon

イメージ
今日、ABBA が何十年ぶりかに新曲を出すとかいうニュースがあり、そのつながりで、Youtube で ABBA の曲など視聴していたら、関連リストの中になぜか一つだけ ABBA ではなく Culture Club の Karma Chameleon が紛れ込んでいたのが目に付いた。中学 1、2 年の頃だったと思うが、学校の英語の先生(女性)が、授業でこの曲を聴かせたりしたのを思い出した。その頃の記憶では Karma というのはカーマという女性の名前の意味だと言われていた。その先生がそう教えたのか、ラジオなどでその曲を流す際の解説でそういう風に言われていたのか、どちらかは定かではない。ともかく、昔中学生の頃この曲を初めて聞いた記憶と共に、「この曲はカーマという移り気な女性に翻弄される男の気持を歌ったものだ」という情報ははっきりと記憶に刻まれている。今や英語に関しては完全に DIY で接することができるので、ふと、この Karma が、「カルマ(仏教用語の「業」)」のことなんじゃないかと思って物凄く気になり、確かめてみたくなった。映画の邦訳など日本の文化系分野の英語業界の詐欺紛いには最近常々目敏くなっているので、どれ、音楽業界の方はどうなんだい? と。 まず、Music Video を観ても、Karma がカルマの意味であることは一目瞭然である。一人のスリかつ詐欺師の男が、フェリーの女性客たちの装飾品を盗み、さらに男性客たちからはイカサマで金を巻き上げる。調子に乗り過ぎたせいで、イカサマと盗みがばれ、袋叩きにあい、男はフェリーから放り出されて悪事は破綻、カルマの法則的な因果応報の結末を迎えるというストーリー仕立てになっている。次に、実際の英語の歌詞を調べてみた。確かに、この歌詞を文章化したものだけを見ると、今度は、「女性に翻弄される男の気持」という構図とするのは、大きく間違ってはいない。反対に、Karma =カルマとする場合、この歌詞を深読みする必要が出てくる。もちろん、歌詞(詩)というものは一つの言葉を多義的にして深みを持たせるのが普通なので、「表面的にはカーマという女性のことを歌っていて、実際はカルマのことを暗示する」なんて話はよくあることである。三番目に、ちょっと Web を調べれば見付けられるが、ボーイ・ジョージ自身のこの曲の意味についての公式なコメントが存在し…

遊び人だった旦那と結婚する為に人間不信に陥らせた

遊び人だった旦那と結婚する為に人間不信に陥らせた
出逢った頃には周りの人に遊び人と言われるほどの遊び人
素直にヤキモチ妬いたら鬱陶しがるのは明白だったので周りにリサーチして情報収集を始め
私が知らない筈の話を噂話で聞いたんだけど〜と聞き否定しようが肯定しようが
「大丈夫、私は信じてるから」この言葉で全て終わらせた
親身に話を聞くポジションに収まり私には弱音を吐くようになった時
家の住所、電話番号、SNSのスクショ複数をこんなの回ってるよと見せた
隠してる筈のオートロックのマンションの部屋の番号までドンピシャで当てられ
私が知り得ない情報を知ってる人間を疑うようになり
それを繰り返してるとどんどん人間不信に陥っていった
極め付けに私が隠し撮りしたホテルでの歯磨き中の1ショットを見せた
遊び人だからいつどこで誰に撮られたかわからないと思ったら
本当にわからないみたいで私との写真なのに頭を抱えて土下座してた
この時点で旦那には弱音や愚痴を吐けるのは付き合ってる私だけになってた
この頃には信じ切ってたから邪魔な人は簡単に排除して行けた
ホテルでの写真を出した時に
「こんな写真まで見ちゃったら流石に信じられないよ…」と力無く言ったのが効いたのか
それからは自分で潔白を証明しようとGPSと定期的に写真と動画を送ってくるようになった
そして御両親に挨拶をし無事結婚
結婚した時に旦那実家が海外の大豪邸みたいな事に驚いてみせたけど本当は知ってた
私の実家は賃貸で引越しを繰り返してたけど昔ここの近所だった
旦那は覚えてないけど幼少期に遊んだ事もある
顔が変わってなかったから飲み会で会った時にすぐ気づいた
昔からこんな家に住みたいと思ってたから貧乏産まれでも大学出てそこそこの企業に
就職して貯金してたおかげで金目当てだとか家目当てだと思われる事もなかった
ダメ人間だった俺を支えてくれたと愛妻家になり義両親も大切にしてくれて
私も子供も何不自由なく暮らしていけてるけど全てはこの家に住みたいっていう
願望のおかげだったとは言えない奥様が墓場まで持っていく黒い過去 Part.4 (741)サイコパス(異常者犯罪を犯す下等な方のそれではなく、反対に世渡り上手く世間をまんまと自分の都合の良い方に騙して利用するのに成功している方の)。他化自在天