Thunderbird (Linux) から Mail (macOS) へのデータの移行

Thunderbird 同士であれば、Linux でも macOS でも(Windows でも)、基本的に Profiles ディレクトリ下にある XXX.default フォルダを移動すればいいので、データの移行に苦労することはない。

今回は、Linux から macOS の移行に伴って、メーラーも Thunderbird から macOS 標準の Mail アプリに乗り換えてみることにしたため、多少記録に値する点はあった。

まず、Linux から macOS には、Thunderbird の XXX.default を持ってくるだけでよい。macOS 側でわざわざ Thunderbird をインストールする必要はない。

次に、ここがネット上の情報では誰も触れていなかった点だが、Mail アプリで「ファイル > メールボックスを読み込む」によって XXX.default を読み込ませる時、Thunderbird 用のオプションが存在せず、「mboxフォーマットのファイル」を選ぶという点である。おそらく、Thuderbird 用のオプションがあったというのは古い情報なのだろう。

以上で問題なくデータの移行が完了した。

コメント

このブログの人気の投稿

EP-805A 廃インク吸収パッド交換

WZR-HP-AG300H with OpenWrt

この Apple ID は、App Store で使用されたことがありません