Inkscape 0.92.4

Inkscape (0.92.4) の macOS 版は MacPorts 版を使うべし。

MacPorts 版の Inkscape をインストールするには、もちろん、,MacPorts 自体をインストールして使えるように準備しておく必要がある。.pkg のインストーラーが使えるので、難しくはないはず。

そして、MacPorts によってインストールするのは、Inkscape だけでなく、X.Org Server も必要になる。


sudo port install inkscape
sudo port install xorg-server

これでターミナルから inkscape を実行すれば Inkscape が立ち上がる。

起動時の警告

起動時に、ターミナル画面に警告メッセージが表示されるが:


Dynamic session lookup supported but failed: launchd did not provide a socket path, 
verify that org.freedesktop.dbus-session.plist is loaded!
Failed to get connection

dbus とやらのセットアップに関するもののようなので、sudo port load dbus による指摘に従えば解消できる:


port notes dbus
dbus has the following notes:
  Startup items (named 'dbus-system, dbus-session') have been generated that
  will aid in starting dbus with launchd. They are disabled by default. Execute
  the following command to start them, and to cause them to launch at startup:
  
      sudo port load dbus

つまりこの場合 sudo port load dbus を実行して一度セットアップしてしまえば、以後は警告は出なくなる。


sudo port load dbus

MacPorts 全体のアンインストール

後日、Inkscape は beta 版ではあるものの最新版の v1.0 の方を使えば、MacPorts 版を使う必要がないことがわかったので、結局 MacPorts 版の Inkscape のみならず、MacPorts 全体をアンインストールすることにした。

基本的に公式情報のアンインストール手順に従った。

  • User/Group の削除に使う dscl コマンドで -p オプションを付けるとエラーになるので、-p オプションは省いて実行した。
  • /Library/LaunchDaemons/org.macports.*、/Library/Receipts/DarwinPorts*.pkg、/Library/Receipts/MacPorts*.pkg は存在しなかったようなので、省いたコマンドを実行した。

追記:v1.0

ようやく、v1.0 がリリースされたが、MacPorts 版 v0.92.4 に比べて、圧倒的に重い。ちょっとでもオブジェクトの多い SVG を開くと重くなる(v0.92.4 では問題なし)。結局、v0.92.4 に戻した。

コメント

このブログの人気の投稿

EP-805A 廃インク吸収パッド交換

m3u8 ファイルをダウンロードして ffmpeg で MP4 に変換・結合

WZR-HP-AG300H with OpenWrt