QNAP で仮想ホスト運用を断念

実家の QNAP NAS の貧弱な性能では、CGI が使い物にならず、Web サーバーは結局、さくらインターネットでマルチドメインを運用することを廃止できないという結論に達した。その上、StartSSL が使い物にならなくなってしまったため、Let's Encrypt に移行したのだが、その機会に、QNAP のポートの割り当ても、デフォルトに戻した。つまり、Web UI 用に、80 (HTTP) と 443 (HTTPS) を割り当て、仮想ホストに 8080 (HTTP) と 8081 (HTTPS) という形である。index.php も元のものにした。

XXX.myqnapcloud.com 用のセキュリティ証明書だけ、Let's Encrypt で用意し、Web UI に HTTPS でアクセスしても証明書エラーが出ないようにしておいた。

コメント

このブログの人気の投稿

EP-805A 廃インク吸収パッド交換

WZR-HP-AG300H with OpenWrt

この Apple ID は、App Store で使用されたことがありません